小さいと何がいいのか

小さいデバイスでやれることは、ほとんどはPCでできる
じゃあ何がいいんだよ?というのは整理しておきたい

利点

  • 小さい、軽い
    • 天井からぶら下げる、そのへんにくっつける、LilyPadのように服に縫いつける
  • 安い
    • ノートPC一台10万円として、AndruinoならZigBeeモジュール込みで10台以上買える
  • 低消費電力
    • 構成を工夫すれば乾電池でも動かせる
  • センサICからの情報を受け取ることができる
    • PCだってUSB接続のI/Oボードを使えばいけるけど

欠点

  • 遅い
  • 複数タスクの同時処理は苦手
    • これはArduino固有の話かもしれないけど。OSがない故というか。タスクスケジューラを書けばいけるとかいう話はナシで
  • I/Oポートがあるとはいえ、あんまり多数入力するのは苦手
    • 単機能モジュールを並べればいいじゃんという話ではある
  • マスにリーチするようなものは苦手
    • ソフトと違って複製にはコストがかかるからねえ